抜け毛を予防するには十分な睡眠時間を確保していくことが大切

Men Complex

皮膚科の利用

皮膚科といえばアトピーなど、重大な疾患が頭に浮かぶでしょう。しかし、薄毛もこの皮膚疾患として分類されているといえます。発症原因には様々なケースがあり、一概に皮膚のせいと言えるものではありませんが、見えない箇所で皮膚に大きく影響しているといえます。頭皮には血流が流れます。この流れは血液の質や、コレステロール値などによってその流れ方に影響がでてきます。血液がドロドロしている場合、身体を巡る血液は正常ではないといえます。これはむくみやだるさ、そして薄毛に繋がります。薄毛の原因としてあげることができるこの血流の悪さは、身体中に栄養を運ぶことができないといった状態にあります。この状態を維持し続けた場合、皮膚を通して髪の毛に伝わっていた栄養が全く届かず、細くなってしまうといったことがあります。血流がちゃんと通っている場合はしっかりと栄養が行き渡っているので、太くなることが分かっているのです。その為、皮膚による影響とみなすことが可能です。

次にホルモンです。薄毛の原因で最も有名なものでAGAなどがあります。この要因となっているホルモンバランスの崩れはストレスなどの目に見えないものに大きな影響を与えられてしまいます。その為、ホルモンバランスを整えることは、脱毛、または薄毛対策に効果的といえます。実際にホルモンバランスの調整が難しい方には、ミノキシジルや、イソフラボンなどの効果のある成分をとるといいでしょう。これらの成分は過剰な男性ホルモンを抑える働きなどがあるので、AGAや薄毛への効果を期待することができます。薄毛治療にも実際に使用されているので、高い効果を得ることが可能でしょう。薄毛治療に使う薬などは医師の指導の下、用法用量を守った使用が大切です。